☰  MENU

Spontaneous Beauty

2017
curation

details

  • Spontaneous Beauty / 2017 / photo © Matsubayashi Teng

 

Spontaneous Beauty

 

2017

Spontaneous Beauty – An Exhibition without Artist
2017.2.18 – 3.26
Kyoto Art Center (Kyoto, JP)

 


statement

   ”Spontaneous Beauty – Exhibition without Artist” is, as the title suggests, an exhibition without a concrete artist. Instead , it is a new type of contemporary art exhibition where curator Kohei Sasahara divides and displays the city of Kyoto in 7 sections.The focus of this exhibition, “spontaneous beauty”, as perceived by the author, dwells in things forgotten or left behind, thrown away by people in the city, beauty found in objects that for one reason or another are destined to disappear. This beauty is not something created from the feelings or introspection of one individual, but rather a kind of beauty born from a collective bigger than a region or a community of people. By eliminating all individual design or authorship (from the equation) and by polishing the curatorial techniques to their full potential it is possible to show this “spontaneous beauty ” in the form of an “exhibition”. The aim of this project is to use the special medium that is an exhibition to view the “city of Kyoto” as part of a bigger society from a new spontaneous perspective and at the same time to re-examine the concept of curation, exhibition practices and authorship.

 

 「スポンテイニアス・ビューティー - 作家のいない展覧会 -」は、そのタイトルが示す通り、特定のアーティストによる作品展示を行いわず、その代わりにキュレーションを担当した笹原晃平が「京都」という街を7つのセクションからキュレーション(企画)するという新しいタイプの現代美術の展覧会である。「スポンテイニアス/spontaneous」とは、「なりゆき・自発的」という意味の英語であり、本企画では「なりゆきの美しさ」に着目してキュレーションが行われた。なりゆきの美しさとは、街の中で忘れられてしまったもの、捨てられてしまったもの、無くなってしまったもの、消えていってしまったものの中に眠っている美しさである。これらは、ある個人の内省や感情からわき起こるものではなく、地域やコミュニティといったより大きな集団から創出される類の「美しさ」であると捉えられる。それを個人的な意図や作家性を極力排除して、キュレーションという技術を最大限に研ぎ澄まして構成することで、一つの「展覧会」が成立させられた。本企画は、展覧会というある特殊な場において、これまでとは違ったスポンテイニアスな角度から、「京都」というある社会の一面を切り取りながら、同時にキュレーションや展覧会の方法論、そして作家性そのものに再考を促す機会を目指して構成された。


← Prev projects ItemTic Tac Tum

Next projects Item →Collective Collage Collection